第4回ハーフデイトリップ『鳥と旅する』の報告

ハーフディトリップは、とうとう最後の講座になりました
第4回目「鳥と旅する」を12月12日(土曜日)に開催しました!

朝8時、大池公園に集合。受講生7名、スタッフ4名、
そして講師は、日本野鳥の会会員の山崎孝弘さんと鈴木正文さん。
さぁ 鳥を探しに旅にでかけますよ〜!

第1ポイントは大池公園。
肉眼でもカモを見ることはできますが、
講師持参のスコープをセッティングしてもらうと、
色鮮やな羽もくっきりと、よ〜く見れます。すごっくキレイ!
ha-fu04.jpg ha-fu03.jpg

そんな時、見たことのない鳥・・・?!
いえいえ、朝スロ参加のサイクリスト達がやってきましたー。
朝スロのメンバーは、朝6:30から走ってきただけあり、すがすがしいご様子ですね。
ha-fu.jpg

そこから秋葉路の「源ヶ谷沼」へ。
歩きながら、講師達は鳥の声からキジバトやメジロなどが居ることがわかってしまうのです!
「慣れです」と講師達はおっしゃいますが、それだけではないような・・・。
視覚、聴覚、そして”気”みたいなモノも感じているような。
周辺をすごく意識しているといいますか・・・。
ha-fu02.jpg CIMG7980.JPG

鳥は林の中ばかりに居るかと思えば、住宅街の電線や木々で、
モズ、ジョウビタキ、メジロなどを見ることができました。
スコープや双眼鏡で見ると、それぞれの鳥の違いまでわかります。
しかも、ウグイスと思っていた鶯色の鳥はメジロという、
思い込みも判明!!

最終ポイントの「源ヶ谷沼」に到着。
クッキーとコーヒーでブレイクタイムを取りながら、じっくりカモ達の観察。
スコープから見えるカモを、カメラで撮らせてもらったところ・・・
なかなか良く撮れました!!
CIMG7987.JPG


嬉しいことに、なかなか姿を表さなかったカワセミも最後には、
見ることができました!!これには、参加者全員が感動!!
しかし、せっかくの写真はピンボケ〜!残念
CIMG7991.JPG

今回の講座では、ダイサギ/アオサギ/カワウ/モズ/ジョウビタキ/
オオタカ/ノスリ/カルガモ/マガモ/カイブツリ/カワセミ/メジロ/
ヒヨドリ/キジハトなどなど、20種類ぐらいの野鳥達に出会えました。

それにしても、
掛川に、こんなに沢山の鳥達が居るとは驚きです!

山崎講師からは、「身近なところを見なすキッカケになれば」との言葉。
講座が終わってからも、鳥の声に耳を傾けているコトに気がつきました。
そして、鳥の名前を覚えると野鳥観察が楽しいですよ!
posted by スローライフ掛川 at 2009/12/21 22:49 | Comment(1) | アクティビティプログラム>ハーフディトリップ

第3回ハーフデイトリップ『石が旅する』の報告

isi10.jpg
ハーフデイトリップの第3回目は『石が旅する』
11月7日(土曜日)8:00〜13:00 
受講生7名、講師1名、スタッフ2名&飛入りスタッフ1名の10名で、
今回の旅先「遊家」に集まりました。
当日は、見事な秋晴れ〜、暑いぐらいです。
いったい、どんな化石が掘れるのでしょうか?!

講師よりレクチャーを受ける前に、ハーフディ2年目のHさんが
早速ハンマーで石を割ってます!
な・なんと、葉の化石を見つけてしまった。
葉の化石は、キレイに2つに割れました。
今日の化石堀り、かなり期待できそう!!
isi13.jpg


講師の鈴木政春さんは、静岡県地学会会員。(少し前ですが鈴木さんのブログです)
まずは、鈴木さん特製「地球の歴史年表」を使って、地球、生物、化石のお話。
46億年ある地球の歴史の中で、人類誕生の歴史はホンのわずか。
今、世の中で自然・エコと注目しているコトも、地球規模で見れば
しょせんは人間目線。人間が地球に住まわせてもらっている・・・。など、とってもとっても深いのです。
isi14.jpg

今回の化石は、掛川層郡と言われ200〜300万年前のもの。
市内にある化石は、その時代のカギにもなり、学術的にも大切な
地域。残念ながら地元では知られていないようです。

説明後は化石堀り、いよいよ宝物さがしです!
どこから始めればいいのかワカラナイのですが、
気になるエリアの周りを大きく削れば、
何かがでてくるのことは間違いなさそう!
isi8.jpg isi5.jpg

ところが、大きい石の塊から一部だけを削るのが難しい。
そんな時は鈴木講師持参の大きいハンマーが出番です!

isi7.jpg  isi6.jpg

化石堀り夢中になる受講生。
isi12.jpg

鈴木さんの話に耳を傾ける受講生。
isi4.jpg


今回は、なんと講師がもう一人。
受講生Fさんは、サメの歯の化石の研究家。
Fさんお持ちの道具は、ホームセンターで売っているモノと、
全然ちが〜う。値段も違うわけだ。
isi1.jpg

ランチタイムは駐車場。
スタッフH特製のトン汁は美味しかった!
isi9.jpg

今回の化石があった場所は、車通りの多い道路サイド。
知る人と知る、有名な化石エリアのようですが、
まさか、こんな場所に貴重なエリアがあったとは・・・。
目を向け、興味を持つことの大切さを感じます。

isi2.jpg

さぁ、受講生の皆さん、
石のクリーニングと名前確認をお願いしますよ!!
フェスティバルでは、参加者の皆さんにとっておきの
化石をお披露目しましょう♪
posted by スローライフ掛川 at 2009/11/12 22:10 | Comment(0) | アクティビティプログラム>ハーフディトリップ

第2回ハーフデイトリップ『樹へ旅する』の報告

CIMG7382.JPG 26332873_org.jpg CIMG7403.JPG 
2か月ぶりとなるハーフディトリップ。
9月12日(土)に第2回目の「樹へ旅する」を開催。

今回は受講生9名、講師1名、スタッフ2名で旅します。
行き先は掛川から車で1時間でいける春野町『春埜山(はるのさん)の大杉』
樹齢1300年を越え、県の天然記念物に指定されている大杉。
どんな感動が待っているのか、期待いっぱいで出発のところですが、この日の天気が怪しい・・・。


出発し春野町に入った頃に、中山講師が運転する先頭車が停車。
ナ・ナント・・・「ニホンカモシカ」を発見!
あまりにも驚いて「あっ!」と、スタッフKが大きい声を出して
しまった為、「ニホンカモシカ」も驚いて山の中へ去っていきました。
見ることができなかった受講生、本当にゴメンナサイ。


大光寺に到着後すぐに、中山さんから自分の歩幅と手と顔を使い、
樹木の高さの測り方を教えていただき、みんなでトライ!
CIMG7390.JPG

さて、いよいよ大杉の場所へ。少しずつ大杉の姿が見えてきます。
初めての対面は、どんな風に感じるでしょうか?!
26332775_org.jpg CIMG7398.JPG CIMG7408.JPG

大杉を目にして、触り、見て、ぐるりと樹を一周する受講生。
写真を撮っても、どーやってもフレームにはおさまりません。
受講生からは、色々と質問が飛び交います。
「どうして、あの杉は片方だけ枝を伸ばしているのー? 」と受講生Oさんからの質問。
中山さんから、太陽の方にむかって枝を伸ばす特性がある「片枝(かたえだ)」と教えていただきます。
他の方の質問で「おぉ〜!」と、気がつかされることばかり。
CIMG7411.JPG CIMG7404.JPG CIMG7418.JPG


春野山からの帰り道、途中で停車。
葛の花が咲いてました。みんなで花の香りかぎます。
香りは「ぶどう」のような、どこか懐かしい香りが・・・。
他には、杉やひのきを見比べ、少し臭いのキツイ「クサギ」の葉の
匂いを感じました。
26332878_org.jpg CIMG7429.JPG CIMG7437.JPG

市役所に到着すると、曇り空からすっかり晴天に。
樹木の中は、涼しく別世界にいってきた〜といった感じです。

中山さんが最後におっしゃいました。
「みなさんは、日常では口・目、耳はよく使用されているけど、
触れる、香りを感じる機会が少ないと思います。五感を使うと、
自然の付き合い方が楽しくなります。」と。
五感を使う。・・・今回の旅は、普段の日常で、街中に居ても、
ちょっと足を止め、手にとるだけで感じられる。
自然をどこでも感じられると思いました。
日常生活のそんなキッカケにしたいです。


さて、次回は11月7日の、『石が旅する』 土に触る。
皆さんの五感をフル活用して、化石と旅しますよ!ご期待ください。
posted by スローライフ掛川 at 2009/09/22 23:36 | Comment(0) | アクティビティプログラム>ハーフディトリップ

第1回ハーフデイトリップ『川を旅する』の報告

7月11日(土)雨が続く中、第1回目講座から延期?!と心配していたのが嘘のような晴天!さぁ、どきどきの開催です。

ハーフディトリップ受講生8名のうち、今回は4名が参加。
市役所で受講生、講師とスタッフの顔合わせ後、車で出発です。
hafu01.jpg

今回のテーマは『川を旅する』。
水生昆虫研究者でネイチャーフォトグラフィーの講師
でもある小川博彦さんを講師にむかえます。

第1ポイントの開場、原野谷川の中流「原谷親水公園」に到着。
まず、小川講師やスタッフ・長谷川が、水棲昆虫の採り方をお手本をみせます。
ダダダダ・・・・と足で水中をたたき、草むらにいる生物たちを
タモの中へ追込む手法で捕ります。
hafu03.JPG hafu05.JPG

早速捕まえることができたSさん、昆虫を求めて川を歩き回るOさん、
二年目受講のHさんは、MYバケツ持参と気合い充分。
みんな真剣に川の中と見つめてます。
なかなか取れず、タモを並べてみる作戦を考えてみたり・・・。
カレッジ初参加のKさんが大物ザリガニを捕まえ、大盛り上がり。
大物ザリガニとのダンスをご披露しているのはスタッフ・長谷川!
haru111.JPG CIMG7105.JPG hafu06.JPG
hafu08.JPG hafu07.JPG

第2ポイントは、原野谷川上流。
原泉、ならここ温泉よりもう少し奥へやってきました。
ここは水がキレイで冷たい。しかし、先ほどの「原谷親水公園」より、水棲昆虫が少ない・・・。
小川講師がおっしゃるには、水がキレイなところには水棲昆虫は少ない。プランクトンなど多いほうが、生息しやすいわけです。

ここでも夢中で昆虫さがしたり、のんびり石に座って、川を楽しみました。
今回遊んでくれた仲間たちは、サワガニ、ザリガニ、ゲンゴロウ・どじょう・あめんぼ・かげろう・おたまじゃくしなどなど。(2箇所あわせて)
23371082_org.jpg hafu14.JPG 23370907_org.jpg

最後は、「いいとこ広場」に移動してランチタイム。
ここでは、同じく第1回目講座開催となるフライフィッシングのメンバーがいました。竿をふる姿やフライ時の服装を説明なども聞けちゃいました。
hafu10.JPG

参加した皆さんからは、『子供の頃はこうやって川で遊んでいた!』、『一人では水遊びもできない』のコメントが。
子供の頃と同じぐらい、一生懸命遊びました。
今回は、皆さんの子供時代へ戻る旅にもなったのではないでしょうか!
hafu09.JPG

次回は9月12日(土)、「樹」へ旅する。
山を登り、森を歩き、巨樹に触れます。
どうぞお楽しみに!
posted by スローライフ掛川 at 2009/07/12 22:06 | Comment(0) | アクティビティプログラム>ハーフディトリップ

自然資源を再発見する半日の旅 ―ハーフディトリップ―

ハーフデイとリップとは、文字どおり、半日の旅です。
この地を、旅する場として捉えたことがありますか?

日本の端っこではなく、ほぼ真ん中に位置するこの地には、
多くの地域資源が埋もれています。自然と人との関わりが見える
風景。時間が止まったままの空間。農の営みがつくる美しい里山。
日々の生活の中に、選りすぐったかのようなロケーション、
大切な価値が数多く存在しています。何気ない日常にある生活を
変える大切な時空を、このまちに暮らす人へ提案したいと思います。
カレッジ初登場の新アクティビティープログラムとして、インドア派
の方もお愉しみいただけます。


第1回 ―川を旅する―
日時:平成21年7月11日(土)8:00〜13:00
旅先:原野川、気田川水系
講師:小川博彦さん(カメラマン、フライフィッシャー)
行動:川を眺め、水に浸り、魚を採ります。
2008年7月_a.jpg 15063760_org.jpg

第2回 ―樹へ旅する―
日時:平成21年9月12日(土)8:00〜13:00
旅先:森町大河内、浜松市春野町
講師:中山高志さん(森林インストラクター)
行動:山を登り、森を歩き、巨樹に触れます。
2009年5月_e.JPG ハーフ.jpg 

第3回 ―石が旅する―
日時:平成21年11月7日(土)8:00〜13:00
旅先:小笠山周辺
講師:鈴木政春さん(静岡県地学会会員)
行動:土に触れ、化石を掘り、想いを巡らせます。
2008年9月_a.jpg 15064197_org.jpg

第4回 ―鳥と旅する―
日時:平成21年12月12日(土)6:00〜11:00  
旅先:小笠山周辺
講師:山崎孝弘さん(日本野鳥の会・静岡県支部)
行動:里山を探り、空を探り、鳥を追います。
2009年2月c.jpg 2009年2月a.jpg


★カレッジ・フェスティバル
日時:平成21年11月22日 (日)
会場:キウイフルーツカントリーJapan
内容:全受講生、講師陣、スタッフなど、
カレッジ関係者が全員集い、交流します。
アクティビティの活動紹介も兼ねた野外パーティです。
(飲食費が別途かかります)
※受講料にはカレッジ・フェスティバル参加費が含まれます。

posted by スローライフ掛川 at 2009/06/09 21:26 | Comment(0) | アクティビティプログラム>ハーフディトリップ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。