「Nipponの異」3/14報告

34369502_org.jpg
Nippon学の第3回は、他国の文化と比較しながら日本人の特徴を洗い出す『Nipponの異』です。3月14日(日曜日)、午前9:30〜12:00、会場は『竹の丸』ギャラリー、受講者は9名でした。
34369359_org.jpg 34369338_org.jpg

講師のイシカワ エウニセ アケミ先生は、ブラジルで生まれ1987年に渡来された日系3世です。移民や在日外国人の研究を専門にされ、現在静岡文化芸術大学で国際文化を教えていらっしゃいます。
ブラジルと日本は、一昨年移民100周年を迎え、現在その子孫が逆移民しているなか、民族というデリケートなテーマを正確な教材で座学するのが、今回のNippon学です。

では、講座の内容を掻い摘んでご紹介します。

* 基礎から・・・
‘日系一世とは’、日本で生まれ海外に移民した日本人を指します。その子供が2世、孫は3世になり、一般的に6世以上は区別した言い方はしないそうです。
そもそも日系人の歴史は、100年以上前にはアメリカへ移住していましたが、排日運動が高まり、1908年・初めてブラジルを目指しました。その一行の中には、掛川出身の平野運平さんが居ます。コーヒー農園などへ出稼ぎ、数年で帰国の予定が現地では新しい「日本人社会」ができ、現在は130万〜150万人の子孫らが日系人として暮らしています。

* ブラジルでの日系人の暮らし・・・
エウニセ先生は、子供の頃から「貴方は優秀でなければいけない、なぜなら日本人だから」と、父親に躾られたそうです。移民一世の厳しい労働を支えたものは、‘日本人としての誇り’だったようで、その心は子孫にも受け継がれていますが、若い世代には少々煙たがられているようです。演歌・盆踊り・運動会・のど自慢・ラジオ体操などの娯楽的な物は伝承され、風呂や仏壇などは現地生産で売られているそうです。 
しかし教育面では、日系人経営の私立学校でさえ日本語教育はオプションで、日本文化は正確には伝わっていません。
34369277_org.jpg 34369257_org.jpg 34369345_org.jpg 34369440_org.jpg 34369420_org.jpg 34369464_org.jpg

そもそもブラジルは、‘移民の国’と言える程様々な人種が混在しています。生活水準は、大卒のサラリーマンでも月収4〜5万円、物価はそれなりに安いのですが、生活の不安定から‘海外への出稼ぎ’は多いようで、日本へは35万円の諸費用が有れば合法的に移民できるそうです。

* 受け入れる日本は・・・
日本は政府の施策で、日系人の受け入れを積極的に行ってきました。
政府は、ビザ(3年)で帰国するだろう、日本語は通じるだろう、と予測しましたが、9割以上が定住し、20年住んでも日本語の離せない日系人社会が確立されたのは大きな誤算でした。1987年には2250人だった在日ブラジル人は、23年後の現在は300,000人です。
34369131_org.jpg 34369107_org.jpg 34369114_org.jpg

* 日本とブラジルの異とは・・・
日系ブラジル人にとって日本での生活は、夢に描いたような裕福なものではないようです。収入が高くても物価が高く、厳しい労働条件と‘採用と解雇の連続’で、やはり生活は不安定です。それでも在日生活を楽しめるのは、楽観的な国民性のようです。
異人種・異文化・異色の混在で培われたブラジルの国民性に比べ、一方の日本人は完璧を求め・ルールを重視し‘内と外’とキチンと分ける習慣がある、つまりまじめ過ぎると先生は仰いました。例えば自殺者の多さは、理想や完璧を求めるあまりに起こるし、価値観の違う日系ブラジル人が新しい社会を作ろうとしてもそこにマニュアルを求める。日本人の‘おもてなし’的なサービスは、いつまでも客人扱いで表面の交流に留まっている。時には放り自立する日系人を作るのも大切。社会全体で、日系ブラジル人と共存していくの意識を持ってもらいたいと先生は仰いました。

34369249_org.jpg 34425091_org.jpg 34369198_org.jpg
講座は、途中ブラジルのお菓子とコーヒーでブレイクタイムをはさみ、あっと言う間の2時間半でした。もっと日本人の異質性を聞きたかったのですが、最後は時間切れ。‘まじめすぎる’に尽きるとも思います。そう思われている日本人と、マナーの悪い日系ブラジル人? 知らない同士が勝手なイメージをもっているのも事実です。

これまでにない日本の学び方が『Nipponの異』で出来ました。
34369019_org.jpg 34425108_org.jpg

posted by スローライフ掛川 at 2010/03/30 21:52 | Comment(0) | アクティビティプログラム>NIPPON学

「Nipponの酒」 2/7報告

毎年メニューを変えるNippon学の中で、唯一3年連続でこれだけは変わらない講座が『Nipponの酒 ―酒を学び、酌み交わす』です。
日本酒人気ランキングの中でも、トップクラスの藤枝の酒『喜久酔(きくよい)』には、研ぎ澄まされた日本の物作りの精神があります。本来、この時期の酒蔵は日本酒仕込みの真最中で、雑菌を嫌う為入場できませんが、ライフスタイルデザインカレッジのNippon学だけは「共鳴できるから」と杜氏自ら解説をし、見学をさせて頂いています。

見学には幾つかの厳守すべき事があり、参加者は講座の2〜3日前から心の準備に入ります。
そして2月7日(日) 当日、すっぴんの約束を守った淑女と、それをさり気なくかわす紳士達16名がJR六合駅に集合し、タクシーに乗り合わせて青島酒造へ向かいました。
32789975_org.jpg
杜氏の青島傳三郎(でんさぶろう)さんは、静岡酵母生みの親・河村傳兵衛氏に入門し、酒作りを始めたのが14年前。それまでは、投資顧問や世界の金融市場で働きながら投資理論を研究されていましたが、ある時自問だった‘アイデンティティー’に答えがでました。それは最も非効率な実家の酒造業だったのです。取締役と杜氏の職を両立させる異例さも、その強い意思があるからです。

32789790_org.jpg 32789772_org.jpg 33193316_org.jpg
32789710_org.jpg 32789596_org.jpg 32789654_org.jpg
32789557.jpg 33193378.jpg 32790065_org.jpg
32789547_org.jpg
酒蔵見学は、予習しておいた醸造行程が更に解説していただき五感で学べます。
まず押えておきたい事は、「手づくり」へのこだわりです。人気の『喜久酔(きくよい)』ですから、当然作れば売れるのですが、青島酒造では人の手で作れる小規模(約800石)で、愛情をかけ手間ひまを惜しまない酒造りをしています。作業自体は単純な事だと仰いますが、それを忍耐力をもって‘毎日コツコツ’を続けることで‘職人の感’や‘熟練の技’が身につくそうです。
そして、「静岡型」へのこだわりです。地下60mから汲み上げる大井川水系南アルプス伏流水は、軟水で平均17〜18℃・年間水量が豊富で安定しているこの地の宝です。その水に合った静岡酵母を使い、菌の成長を待ちながら技の伝授を受けた杜氏が麹をつくる。基本に忠実な地酒「静岡型」が造られています。
米選び・洗米・蒸米・麹作り・仕込み・搾り・貯蔵・・・こうした醸造行程と蔵人の日々の作業を垣間見て、そこにある信念を知ると、生業の域を越えた神聖さを感じます。

33193596.jpg
しかし、感動だけで終わらないのが「Nipponの酒」。見学の後は酒蔵で4種の酒(純米吟醸・吟醸・特別純米・特別本醸造)を飲み比べ醸造行程を振り返ります。このシーンが、まるで酒屋のカウンターです。酒のプラスチックケースを椅子にして、自分なりの薀蓄を言っては手酌でおかわり!頬が赤らんできたところで、本格的に酒席へと移動します。
33193642_org.jpg 33193786_org.jpg
酒席では、喜久醉が勢ぞろい。実は、青島さんのご厚意です。
先ずは格別の『松下米40』で乾杯。旨い!次に『松下米50』これも旨い!さぁ〜、受講の感想を聞かせていただきましょう。・・・と場が盛り上がった頃、本日の仕事を終えた青島さんが登場しました。
実は、3年前の講座から酒席で話題になるのが、青島さんの格好良さです。ストイックに酒造りに打ち込む姿は、女性を惚れさせ、男性を嫉妬させるようです。そうした異様な盛り上がりも、青島さんは寛容に受け止め、「酒造業界は狭い世界です。皆さんの様な方と楽しい酒になると、作り手としての幸せと感じ、明日の励みになります。」と仰り、益々・・・火に油です!
33193808_org.jpg

スタッフ・八も酔っ払い、まともなメモが残っていませんが・・・、
青島さんは、地域の流儀の酒造りとして『藤森流』を伝承し、杜氏として新たな挑戦をされるそうです。
私達は来年もまた、お会いできる事を楽しみにしています。

posted by スローライフ掛川 at 2010/03/11 22:38 | Comment(0) | アクティビティプログラム>NIPPON学

Nipponの密(1/17)報告

31957042_org.jpg
Nippon学が始まりました。

31956939_org.jpg
第1回目は、『Nipponの密』
講師の静岡大学人文学部客員教授・平野雅彦先生は、“情報意匠”という考えに基づき、アート・シーンから教育現場までジャンルを超えた知を編集し続ける情報プランナーです。今回もこの日の為に、舞台となる事任八幡宮を8回も訪れ、日本の文化を綿密かつ多角的に見せるプログラムを考えて下さいました。
今年度の受講生は15名。初回の参加者は11名です。

31956884_org.jpg
16:00 〜音連れ〜
そろそろ薄暮に差し掛かる神社の社務所に、チーンチーンチーンと鐘の音が鳴り、襖を開けて、不思議な男性が入って来た。そしていきなり、夏目漱石『夢十夜 第六夜』の朗読が始まった。
「運慶が護国寺の山門で仁王を刻んでいると云う評判だから…(中略)するとさっきの若い男が、なに、あれは眉や鼻を鑿で作るんじゃない。あの通りの眉や鼻が木の中に埋っているのを、鑿と槌の力で掘り出すまでだ。まるで土の中から石を掘り出すようなものだからけっして間違うはずはないと云った。自分はこの時始めて彫刻とはそんなものかと思い出した。…(中略)それで運慶が今日まで生きている理由もほぼ解った。」

迫力のある朗読は、SPAC(静岡県舞台芸術センター)の奥野晃士さん。恰もそこが仁王像の彫刻場のような、不思議な世界の扉が開いた。

密 056.jpg
そして、平野先生が登場しプログラムが紹介された。
「これが講座の内容です」と配られた和紙には、金粉が光り『事任言任』 『音連れ』 『そこここ 豊葦原の柱の國』 『夜の食國』 『門を止音少』 『ことのまま月の光るは源氏かな』 『三々五々』 の文字や意味深な絵が描かれている。

密 022.jpg
16:30 〜事任言任・そこここ 豊葦原の柱の國〜
ぼんやり薄明かりの部屋で、和蝋燭がメラメラと高く火柱を上げている。
今宵・月・密・ものごと・・・。古の時代、言葉は軽々しく発せられるのもではなく、言葉はもの(気配)を伴い‘言霊’となって人の心に事を起こした。事任八幡宮・磐戸・鯨山伝説・柱・日本神話・文字・結・・・。八百万の神を感じながら暮らしてきたこの国のかたちが、画像を交えながら解説されます。

31960429_org.jpg 31956831_org.jpg
17:50 〜夜の食國(おすくに)〜
ここで一旦休憩です。
机を集めた大きな食卓を囲み、おむすびとけんちん汁と、差し入れの漬物を頂きながら、暫しの交流。奥野さんの話題に質問が集中しました。

密 034.jpg
18:00 〜門を止音少〜
もう外は、暗闇です。各々手に灯りを持ち、境内の中門を潜り、茶畑の小道を通り、蝋燭の灯りの階段を下りると神社裏手の禊の場に着く。そこは、鯨山伝説のある逆川。足元が不安で、後ろの気配が誰なのかも分らない。しかし、星が綺麗なのは確かな現実。
再び中門を潜り、御神木の杉横の拝殿へ着くと『夢十夜 第三夜』の朗読が始まった。
「こんな夢を見た。六つになる子供を負ってる。たしかに自分の子である。ただ不思議な事にはいつの間にか眼が潰れて、青坊主になっている。…(中略)もう少し行くと解る。ちょうどこんな晩だったな と背中で独言のように云っている。路はだんだん暗くなる。ほとんど夢中である。…(中略)ここだ、ここだ。ちょうどその杉の根の処だ。御前がおれを殺したのは今からちょうど百年前だね。おれは人殺であったんだなと始めて気がついた途端に、背中の子が急に石地蔵のように重くなった。」

31974357_org.jpg
ぞわぞわぞわっ・・・と背筋が感じる。
‘子育て飴’が、このタイミングを計ったように差し入れされ、甘酒で休憩します。

19:15  〜ことのまま月の光るは源氏かな〜
か細い下弦の月は西の山に沈み、社では日本文化に深く関わっている月の話しになった。月は再生の象徴、月は生体のリズム、月は日本人の美意識、月は媚薬・・・。京都の桂離宮は、日本が最も雅だった頃を再現した、月を愛でる為の巨大な装置だったのです。また、和歌は暗号の言葉遊び。
こうして物事を別のデザインに置き換え、意匠してきたのが日本文化だと。これがNipponの“密”なのか?と朧げながら・・・。平野先生から講座のまとめとして、「何かを見た時に、その中から情報を取り出せる視点をもつ事が大切です。」と語られました。

31957100_org.jpg
そして最後の朗読は『夢十夜 第一夜』
「こんな夢を見た。腕組をして枕元に坐っていると、仰向に寝た女が、静かな声でもう死にますと云う。…(中略)死んだら、埋めて下さい。大きな真珠貝で穴を掘って。そうして天から落ちて来る星の破片を墓標に置いて下さい。そうして墓の傍に待っていて下さい。また逢いに来ますから。 自分は、いつ逢いに来るかねと聞いた。日が出るでしょう。それから日が沈むでしょう。それからまた出るでしょう、そうしてまた沈むでしょう。赤い日が東から西へ、東から西へと落ちて行くうちに、あなた、待っていられますか。…(中略)自分は首を前へ出して冷たい露の滴る、白い花弁に接吻した。自分が百合から顔を離す拍子に思わず、遠い空を見たら、暁の星がたった一つ瞬いていた。百年はもう来ていたんだな・・・

20:00 〜三々五々〜
『Nipponの密』 不思議な余韻が残ります。

posted by スローライフ掛川 at 2010/01/23 22:05 | Comment(0) | アクティビティプログラム>NIPPON学

Nippon学から日本を見つめる

Nippon学は、日本人でありながら意外と知らない日本の文化について、様々な角度から紐解き・体験し・DNAで感じる講座を展開しています。
2007年度から始めた講座は、毎年切り口を変えてNipponを学んでいます。(※「酒」だけは、スタッフの思いがあり定番ですが)
さて、2009年度は、『密』『酒』『異』『芸』をテーマに、専門家によるレクチャーやワークショップを致します。偶然にも皆さん大学の先生が講師です。特に、第4・5回の『Nipponの芸』は、能楽を知りたいと体当たりして折衝したお相手が、インド哲学の大学教授だったりします。

また、何故『日本学』としない?と思われるかもしれませんが、それは、この講座を覗いていただければ分かるでしょう。

詳しくは、「Nippon学の詳細」記事をご覧下さい。
過去のスナップ写真から、講座の雰囲気をお届けします。

21242500.jpg 16267580_org.jpg 5807138_org.jpg ブログ用.jpg 17707228.jpg 6885293.jpg 17297957_org.jpg 6181481.jpg 7526419_org.jpg
posted by スローライフ掛川 at 2009/06/08 11:23 | Comment(0) | アクティビティプログラム>NIPPON学

Nippon学の詳細

全5回=1/17日、2/7日、3/14日、4/25日、5/3祝・月
定員(最少催行人員) 20名(12名)

Nippon学は、日本人でありながら意外と知らない和の文化や、グローバルな視点から、あらためて日本を見つめようとする講座です。2009年度は4つの角度から日本文化の特異性を紐解き、DNAを刺激します。

---
第1回 『 Nipponの密 』
日時:平成22年1月17日(日) 
会場:調整中
講師:平野雅彦(ひらの まさひこ)さん・静岡大学 人文学部 客員教授
内容:(概略)日本のデザインに秘められた情報意匠や 日本語の繊細さを探ります。

第2回 『 Nipponの酒 』 ―酒を学び、酌み交わす
日時:平成22年2月7日(日)14:00〜16:00酒蔵見学
                16:30〜18:30酒席  
講師:青島 孝(あおしま たかし)さん・(藤枝市)青島酒造株式会社専務取締役、杜氏
内容:日本酒が仕込まれる真っ只中(聖域)へ、ツアーを実施します。地域の水・米・酵母・人・技術を継承する酒『喜久醉』(きくよい)に日本の物作りの心を学び、その味を深く味わいましょう

第3回 『 Nipponの異 』
日時:平成22年3月14日(日) 
内容:日本とブラジルの移民文化の歴史から見えてくるNipponとは? ブラジルの中の日本・日本の中の日系人、それぞれのアイデンティティや価値観を洗い出してみましょう。
会場:掛川市竹の丸
講師:イシカワ エウニセ アケミさん 静岡文化芸術大学国際文化科准教授


第4・5回 『 Nipponの芸 』 
日時:平成22年4月25日(日)9:30〜15:00  座学
   平成22年5月 3日(月・祝日)16:00〜21:00 薪能鑑賞
会場:4/25掛川市竹の丸・5/3磐田市熊野伝統芸能館
講師:竹中智泰(たけなか ともやす)さん 常葉大学教授 能楽「不昧座」主宰
内容:座学では、「知って得する能の知恵」と題し、能楽についての基礎を学び、鼓・謡・舞を体験します。数日おいて、熊野祭りで行なわれる薪能を鑑賞します。

■カレッジ・フェスティバル
日時:平成21年11月22日 (日)
会場:キウイフルーツカントリーJapan
内容:全受講生、講師陣、スタッフなど、カレッジ関係者が全員集い、交流します。
アクティビティの活動紹介も兼ねた野外パーティです。(飲食費が別途かかります)
※受講料にはカレッジ・フェスティバル参加費が含まれます。


[受講料] 24,000円 分割納入可 5,000円×5回(計25,000円)
傷害保険、フェスティバル参加費込み、各回により講師、時間、会場が異なります
◆受講料は会員価格(税込)となります。
◆会員以外の方は年会費(一口3,000円)が必要となります。


<2008受講生の声>
年齢を重ねるごとに、また海外旅行をするたびに、日本特有のものが何となく気になります。「和」に惹かれるものを感じたのです。今を生きる私たちは過去と未来を結ぶ架け橋です(大げさ?)。和の文化そのものの楽しさはもちろん、そんな私たちの役割を、講師の先生をはじめ、ともに受講する皆さんからも気付かせていただいていると実感しています。
(NIPPON学/Tさん)

posted by スローライフ掛川 at 2009/05/22 09:10 | Comment(1) | アクティビティプログラム>NIPPON学

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。