最終回/春の気田川下り

桜満開の季節を迎え、気持ちもそわそわする季節。
昨年11月に訪れる予定だった気田川だが、天候不良で延期していた。
約半年のブランクをおき、カヤックの聖地・気田川にやってきた。

午前8時、いつも通りに市役所Pに集合。カヤックは半年振りでも、
その間に飲み会&カラオケで親睦を図っていた。そのノリで今日も
「花見大宴会」といきたいところだが、、、
春野に向かう車中からは、あちらこちらで咲き誇る桜が目に付いた。
思わず缶ビールを開け、ぐびぐびと一人宴会を始める兵も。

午前9時半、現地到着。着ぐるみを脱いだ(?)フルチンがそこにいた。
髪をバッサリと切り、高校生と見間違うほど変身していた。
程なくタパさん、チームいそべっちが到着し、出発準備に取り掛かった。
IMGP1274.JPG IMGP1275.JPG

曇り空ながら、風もなく穏やかだ。しかし水位はいつもより高く、流れ
もやや強い。4月といえ、冷え込む日も多かったせいか、水温も低く、
川に足を入れると途端にじんじんしてくる。沈したら冷たいよな・・・
男性はリバーカヤック、女性はファンカヤックに乗り込み、いよいよ
待望の気田川下りの始まり始まり。
これまで4回の講座で学んだ技を思い出しながら、下流へと向かった。

IMGP1281.JPG IMGP1318.JPG

久しぶりのカヤックに、感覚を取り戻せず、冷水に頭を浸し、気分転換
する男性陣が続出するも、ようやく目が覚めたのか、一気にすいすいと
川を下り始めた。暖かな陽も差し始め、絶好のカヤック日和となった。
水量が多く、川幅がいつもより広いため、コースどりは容易なものの、
普段なら水面から覗き出た岩や障害物が隠れていたり、カーブでは正面
の大きな岩に追突するのではないかと思う水勢を上手くコントロールし
やがては新緑を眺める余裕さえ見せていた。遠くに咲く山桜も美しい。

IMGP1321.JPG IMGP1344.JPG

午後1時近くにようやく上陸し、ランチをとった。久しぶりにパドルを
握った緊張感からか、はたまた前日の深酒のせいか、お腹を満たした
面々は築地市場状態と化した。

IMGP1351.JPG IMGP1363.JPG

午後も順調に川を下り、フェリーグライドの練習をしたり、流れに向かい
カヤックを漕ぎあがるなど、昨年夏からの上達ぶりをうかがわせた。
いくつもの瀬を越え、波しぶきを浴びるたび歓喜の声を上げ続けた。
今年のカヤックシーズンも開幕したばかり。普段の生活では体感できない
この不思議な空間を、これからももっともっと楽しんで欲しい。
約10キロの川下りは、午後4時に無事終了。みんなのステキな笑顔が
今日の充実した川下りと、全5回のカヤッキング講座での友情の証。
今日も帰りにみんなでお風呂に浸かり、疲れを癒して帰路につきました。

IMGP1369.JPG

何はともあれ一年間、楽しい仲間と県内各地をカヤックに乗って旅した
ことは、これからの生活の糧となることでしょう。カヤック技術の習得
だけでなく、自然の中に身を投じて実感したすべてのことが、明日の
新たな一歩を踏み出すきっかけとなります。
また、一緒にカヤックに乗って出かけましょう! 次はもっと遠くへ



posted by スローライフ掛川 at 2010/04/17 20:08 | Comment(0) | アクティビティプログラム>カヤッキング
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。