第6回オーガニック・ファーミングの報告(12/27開催)

平成21年12月27日(日)、オーガニックファーミングの最終回が行われました。
最終回のテーマは「お餅つきと日本の文化(日本の食文化を生活に)」。
午前中に初冬の農園管理を行い、お昼前から午後にかけてお餅つきと鏡餅づくりを行いました。

今日は、ミャンマーからの留学生で名古屋大学の学生さんも体験参加です。

31057776_thumbnail.jpg

さて、最初に講師の平野さんからのご挨拶。
「今、足元を見ると、冬で草が生えていないように見えるかもしれませんが、土の中では様々な生き物が動いています。植物にも、活発に動く時期とそうでない時期がありますが、今は一年の中でいちばん休む時期。そして、これから動き出す時期です」
植物には犯土(つち)というものがあり、活動する時期と活動が沈静化する時期とが交互に訪れるのだそうです。平野さんは、犯土(つち)と新月の関係のお話もしてくれました。
(そのお話が非常に興味深かったのですが、メモしきれず、スミマセン…)

「そうした目には見えないけれど、土の中で行われている植物の動き、生き物の生命をぜひ感じ取ってほしい。それがオーガニックファーミングの心です」

お話のあとは、さあ、いよいよ畑の管理です!

31057835_thumbnail.jpg 31058002_thumbnail.jpg 31058029_thumbnail.jpg

みんな、自分の畑に行きたくてたまらない様子。でもまずは、共同の畑で農園管理の基本のレクチャー。草取りのコツなども教わります。
その後、1時間ほど自分の畑の管理をしました。この時期の管理の具合によって、今後の作物の育ち具合が大きく変わります。

31057890_thumbnail.jpg 31057848_thumbnail.jpg 31058036_thumbnail.jpg

その後、場所をキウイフルーツカントリー内に移し、鏡餅用のみかんの収穫に。みかんは橙(だいだい)の代わりです。
里山のみかんは、味が濃く、酸味も適度にあり、昔懐かしい味がしました。
おいしかった〜!

31057771_thumbnail.jpg

餅つきの前には「お餅と鏡餅とお正月」のレクチャーです。
例えば、こんなお話が。
「お餅はハレの日の食べ物で、もちには稲の霊が宿り、もちを食べるものには力が与えられる」とか、
「橙は代々家が続くという語呂合わせの縁起物」とか、
「裏白は、心に裏がない、白髪になるまでの長寿を願う」というお話。

裏白は、昨日のうちに採っておいてくれたそうです。もち米も、私たち受講生の知らないところで、10回も草刈りをしてくれたそうです。きっと、その他にもたくさんの心配りと目配りと手間がかけられているのだと思います。
そうして、おいしいお米に育つのですね。

さあ、みんなでお餅つき。

31057673_thumbnail.jpg 31057681_thumbnail.jpg 31057697_thumbnail.jpg

そして、鏡餅づくり。

31057664_thumbnail.jpg 31057652_thumbnail.jpg

みんな、上手にできました!

31058086_thumbnail.jpg

受講生一人一人の感想のあと、平野さんからのメッセージがありました。

「農耕民族である日本人の培ってきた知恵、願い、そして神に向かう気持ちなどを、農業を通じて感じてほしいと思います。農業は毎年違います。一年一年が魅力的で面白い世界です。農業が挨拶になります。例えば、同じ雨でも『雨が続いて困るねえ』の場合もあれば、『いい雨だねえ。いいお湿りだねえ』のこともある。ぜひ、生活の中に農の感覚を持っていただきたいと思います。それは、豊かさにつながります。私自身、自らを失いそうになるとき、畑に出ると自分を取り戻せる感じがします。そして、畑に感謝します。そうしたことを多くの人に感じて欲しくて、こうしたプログラムも行ったり、体験農園をやっています。農業の素晴らしさ、農村の暮らしを、これからも伝えたいと思います」

平野さん、スタッフの皆さん、本当にありがとうございました。
そして受講生の皆さん、今年もいい仲間たちに囲まれて本当に楽しかったです!

31058017_thumbnail.jpg 31057853_thumbnail.jpg

オーガニックのプログラムは今回で最終回ですが、野菜の成長と収穫はまだまだこれから。
来年も畑でお会いしましょう〜!

31057898_thumbnail.jpg
posted by スローライフ掛川 at 2009/12/28 15:45 | Comment(3) | アクティビティプログラム>オーガニック・ファーミング
この記事へのコメント
(そのお話が非常に興味深かったのですが、メモしきれず、スミマセン…)・・・とのことですから、

 犯土には大犯土(おおつち)と小犯土(こづち)があります。両方とも7日間で間に1日犯土間日(つちまび)がありますが、この日は犯土には含まれません。暦にこの犯土のことは詳細が紹介されています。ちょうど自然界のバイオリズムみたいなものでしょうか。いやそれ以上に明確に位置づけられています。
これと新月はまた深いかかわりがあります。
犯土に木を切ると腐りますし、満月はさらに腐りやすくなるのです。だから建築資材にする材木は犯土を避け、新月に行うのです。

だから新月の時期や犯土以外の12月〜1月に用事を入れないでほしいのです!
ちなみに1月20日から大犯土に入ります。腐らせたい庭の枝などはこの時期に切ればいいですが、残す母木へのダメージも大きいで、注意。

 微生物なくして良い土を作られませんし、いやいや、微生物しか良い土を作られません、微生物は人間よりももっと自然を理解しています。
Posted by 平野講師(代理入力さげ巻) at 2010年01月01日 23:58
大変お世話になりました。
最後の最後、参加できなくて残念です。
土に触れる事や生物の成長の過程を感じる事!
また、それに向かい合う人達の豊かさ、あたたかさ。多くの出会いをいただけた講座に本当に感謝しています。
まだまだ畑には行きますよ。
正月は実家にじゃがいもとブロッコリーとにんじんを届けました。
みんなで畑に感謝しいただきました。


まずは、平野さん、農園隊の皆様、さげ巻さんご苦労様でした。そしてありがとうございました。
(今日はマジメです)

今後とも楽しいお付き合いを続けていただければ幸いです。

Posted by 受講生まる at 2010年01月03日 10:35
受講生まるさん,嬉しいコメントをありがとう!
「畑に感謝」って素晴らしいですね。

本日我が家では,昨年の教訓を活かし,
ひと足お先に鏡開きをしました。
「これはお汁粉用」,「こっちはアラレかな」など
まだまだ感謝しながら楽しませてもらいます。

それじゃみなさま,畑でお会いしましょう!
Posted by さげ巻 at 2010年01月05日 23:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。