第4回ハーフデイトリップ『鳥と旅する』の報告

ハーフディトリップは、とうとう最後の講座になりました
第4回目「鳥と旅する」を12月12日(土曜日)に開催しました!

朝8時、大池公園に集合。受講生7名、スタッフ4名、
そして講師は、日本野鳥の会会員の山崎孝弘さんと鈴木正文さん。
さぁ 鳥を探しに旅にでかけますよ〜!

第1ポイントは大池公園。
肉眼でもカモを見ることはできますが、
講師持参のスコープをセッティングしてもらうと、
色鮮やな羽もくっきりと、よ〜く見れます。すごっくキレイ!
ha-fu04.jpg ha-fu03.jpg

そんな時、見たことのない鳥・・・?!
いえいえ、朝スロ参加のサイクリスト達がやってきましたー。
朝スロのメンバーは、朝6:30から走ってきただけあり、すがすがしいご様子ですね。
ha-fu.jpg

そこから秋葉路の「源ヶ谷沼」へ。
歩きながら、講師達は鳥の声からキジバトやメジロなどが居ることがわかってしまうのです!
「慣れです」と講師達はおっしゃいますが、それだけではないような・・・。
視覚、聴覚、そして”気”みたいなモノも感じているような。
周辺をすごく意識しているといいますか・・・。
ha-fu02.jpg CIMG7980.JPG

鳥は林の中ばかりに居るかと思えば、住宅街の電線や木々で、
モズ、ジョウビタキ、メジロなどを見ることができました。
スコープや双眼鏡で見ると、それぞれの鳥の違いまでわかります。
しかも、ウグイスと思っていた鶯色の鳥はメジロという、
思い込みも判明!!

最終ポイントの「源ヶ谷沼」に到着。
クッキーとコーヒーでブレイクタイムを取りながら、じっくりカモ達の観察。
スコープから見えるカモを、カメラで撮らせてもらったところ・・・
なかなか良く撮れました!!
CIMG7987.JPG


嬉しいことに、なかなか姿を表さなかったカワセミも最後には、
見ることができました!!これには、参加者全員が感動!!
しかし、せっかくの写真はピンボケ〜!残念
CIMG7991.JPG

今回の講座では、ダイサギ/アオサギ/カワウ/モズ/ジョウビタキ/
オオタカ/ノスリ/カルガモ/マガモ/カイブツリ/カワセミ/メジロ/
ヒヨドリ/キジハトなどなど、20種類ぐらいの野鳥達に出会えました。

それにしても、
掛川に、こんなに沢山の鳥達が居るとは驚きです!

山崎講師からは、「身近なところを見なすキッカケになれば」との言葉。
講座が終わってからも、鳥の声に耳を傾けているコトに気がつきました。
そして、鳥の名前を覚えると野鳥観察が楽しいですよ!
posted by スローライフ掛川 at 2009/12/21 22:49 | Comment(1) | アクティビティプログラム>ハーフディトリップ
この記事へのコメント
オシドリが掛川市北部の池にやってきた情報がはいりました〜!!

--- 
冬の渡り鳥として知られるオシドリが、今年も掛川市北部の池に飛来した。
赤、青、白など多彩な体色と、イチョウの葉に似たきれいな羽の形を誇るように、優雅に浮かんでいる。(中日新聞より一部抜粋)
http://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/20091222/CK2009122202000177.html

Posted by まる at 2009年12月24日 11:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。